冠婚葬祭用のブラックフォーマルはどういったのがいい?

冠婚葬祭と言いますと、結婚式やお葬式をイメージするものです。
実際には、人の生活に関わるすべての事を指すのです。

親戚と親族が冠婚葬祭に、着用していく服装には気をつかうものです。
結婚式などに出席することや、出来ない事など葉書で返信したりすることなどあります。

それだけに、出席となりますと、着ていく服装などは失礼のないものを準備する期間もありものです。

お付き合いの上手なコツとしては、親しき仲にも礼儀ありなどといった言葉があるくらいです。

結婚式によばれることは、女性など花嫁さんより派手にならない様に配慮することが大切です。
女性がおよばれするするにも、華やかさも必要となります。

「結婚式」「披露宴」は、新郎・新婦の一生の門出を祝う大切な場となります。
そのため、出席する親族の側は、礼装の着物を身につけることがマナーとなります。

新郎新婦の親戚・親族は、主となる役となります。
そのため、お客様をお迎えする立場となり、格の高い礼装の中の「正礼装」また「準礼装」を身につける事となります。

親族である新郎新婦のお母様、お祖母ちゃま、姉妹、叔母、伯母の近親者は五つ紋が入った正礼装となります。

服装で大切なのは、「新郎新婦両家親族の格」があっていることが大事となります。
結婚式の前に事前にお互いの服装の確認をすることは安心感があります。

既婚女性の親族の方は、お若い方の場合、三つ紋入りの色留袖(準礼装)はおすすめできます。
黒留袖ですと渋すぎる傾向ともなるからです。

またお葬式に男女は、黒で統一することが大事となります。
男性の場合、正喪服は、洋服ならモーニングとなりますが、最近は略礼装の黒いスーツが主流となっています。

ただモーニングコートは、大きな葬儀の喪主か世話役代表が着用することがあります。
通夜には着ない事となります。

女性の場合、正喪服は黒のフォーマルドレスとなります。夏でも、スカート丈・袖丈はなるべく長くします。
お化粧など薄めで、アクセサリーは結婚指輪をつけることはよいのです。

女性の和装としては、黒無地染め抜き、五つ紋付きとなります。

帯は黒無地の丸帯をしめることが正式です。
家の家紋がわからない時は「五山の桐」を使うのです。
ブラックフォーマルはどこで買うのがいいのか?

【ブラックフォーマルウェアの購入はどこでするのがいいのか?】

あんまりブラックフォーマルを取り扱っているお店って多くないので困りますよね。

百貨店やデパートなどに行けば、お店があるんですが正直値段的に結構高いんですよね。
有名なところでいえば、『東京ソワール』なんかがそうですね。

東京ソワールは三越や伊勢丹などにお店があるんですが、生地など物事態はすごくいいんだけど、その分値段が高いんですよね。

詳しくはこちらに載ってます⇒<東京ソワール ブラックフォーマル

ブラックフォーマルってそこまで着るものではないので、あまり高いのを買うのも勿体ない気がします。かといって安物を買うわけにも行かないし。

結構困るんですよね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>