わが家の家計簿

岐阜県に住む世帯主61歳、妻57歳、28歳と26歳の二人の娘の4人家族です。
私は定年を迎えて正社員での働き方を辞め、5日/週 6.5時間/日のパート勤務、妻は4日/週 7.5時間/日のパート勤務、娘はそれぞれ働いています。
私も妻もそれぞれ年収120万くらいです。

持家ですがローンも15年前に終わり、子供たちの教育費発生も終わっています。リフォーム等は5年前と昨年の2回、水回りや外壁工事を行い特別な事がない限り新たなリフォームの出費は無いかなと思っています。よって出費は食費、光熱費、生活用品費がメインで特別に毎月必要な費用は発生しません。

ちなみにあまり出費がかからなかった昨年5月の家計簿は
食費・生活用品 : 94,000円 (食費は70%位の65,000円)光熱費 ガス : 9,000円 電器 : 8,500円 水道7,500円(2か月分) 水道 : 7,500円(2か月) ガソリン代 : 5,000円 生命保険 : 5,000円 携帯代 : 7,000円 電話等固定通信費: 6,500円 新聞代 : 3,000円 趣味(ジム・ピアノ): 13,000円の合計約16万円でした。

これに、コーヒー代、スイーツ、ドリンクなど買うために財布に入れておくお小遣い程度がプラスされますが大した金額ではありません。
あとは年単位に発生する固定資産税、自動車税などの税金が10万円/年、車2台の保険が8万円/年、NHK受信料が1万8千円位/年(減免地区のため)等が必要ですがそれらを払っても月平均20万生活しています。
これらの支払は基本的にカードにて行っており、通帳が家計簿になっています。明細は各カードの利用明細を見ればわかります。こうすることによってなぜか無駄遣いをすることがなくなってきました。

節約と健康の為に、季節の野菜は自分で作っています。旬の野菜はほとんど買うことはありません。しかし、節約ばっかりでは人生楽しくありませんので、旅行・外食は楽しんでいます。これらは別会計、昨年はハワイに行きましたし、横浜など国内の旅行も楽しみました。
これらを賄っている収入は先に書きましたように夫婦2人のパート収入と年金で賄っています。年金は公的年金と企業年金で現在22万円/月位、来年からは32万/月になりそうです。これからも日々の生活は質素にそして遊ぶ時は豪華にと暮らして行きたいです。

一番家計が苦しかったころは、娘の保育料さえも払えないのではないかと思うような時もありました。その時は親に頼み込んでどうにかなりましたが、きっと同じ悩みを抱える世帯はたくさんいることでしょう。子供にだけは迷惑をかけたくないですよね。

※参考サイト・・・保育料払えない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>