住宅ローンについて

住宅ローンとは、宅地の取得や住宅の新築や改築などを目的とした土地と家屋を担保として銀行などから資金を借りるローンのことです。

住宅ローンは大きく分けると公的住宅ローンと民間住宅ローンに分かれていて、かつては住宅ローンの組み方というと、住宅金融公庫融資や年金融資などの公的住宅ローンを優先に民間住宅ローンという言う線順位で考えるのが最も安全で有利なローンの組み方だったのです。

ですが、平成19年3月末で公的住宅ローンの住宅金融公庫融資が廃止となって、以降はフラット35も含めて民間住宅ローンを中心に住宅ローンを組むことが一般的になっています。

この流れを受けてから、銀行などの各金融機関も独自の住宅ローン商品を投入したり、期間限定のキャンペーンなどを行うようになりました。以前のような横並び的な傾向は大きく崩れていったのです。
また、メガバンクと呼ばれている銀行や信金中央金庫、JAがフラット35並の低金利の固定金利型住宅ローンを取り扱うようになったり、最長35年の固定金利型住宅ローンを扱うノンバンク系のローン会社が登場したりと、民間住宅ローンの種類も多様化が進んでいるようです。

住宅ローンを組む前に行って欲しいことは、様々な情報収集を行い、自分にとって有利な受託ローンを比較検討してから、住宅ローンの融資先を決定してくださいね。

住宅ローンを選ぶときの原則。それは、年収の数倍の金額を借り入れして、数十年にわたり返済を続けるものなので、金利のわずかな差でも結果的には返済総額に大きな差が出てきます。なので、少しでも有利にローン設定をするために、情報収集と研究をすることが大切なのです。

自分が利用できる住宅ローンの金利を全て確認をすることをお勧めします。複数の住宅ローンを使わないといけない場合には、原則的に金利の低いローンを優先して資金計画を考えてください。

金利だけ見てみると低金利時代を背景に、民間住宅ローンの変動金利型や2~3年固定タイプでは1%第の金利水準を設定している所があります。ですが、長い返済期間を考えてみると固定金利のフラット35などの方が資金計画が立てやすく、尚且つ安全だと言えますね。

現状の金利水準はまだまだ低いですが、今後いつまで同じ金利で推移することは、まだ考えられないのです。なので、金利上昇のリスクを抱えた変動型や短期固定タイプは避けた方が無難だと言われています。

住宅ローンをいくつか使おうと思っても、そうするためには、契約書に添付する印紙税や事務手数料は契約する住宅ローンのそれぞれに必要となるため契約をするローンの数が増えれば増えるだけ手間とお金が掛かります。

我が家は10年前に住宅ローンを組んだのですが、少しでも早くに完済したいと思い頑張って働いたら毎月なんとか返済できるという計画を立てることができたので支払い額を少し多めにしました。

ずっと働けると思っていたのがいけなかったところで、私が体調を崩して退職をしなくてはならなくなり、二馬力で働いていた我が家も主人だけの収入となり・・毎月のローン返済が本当に苦しくて苦しくて・・子供にもお金が掛かるしで家計は火の車状態になりました。

たまに借金をして住宅ローンに充てることもありましたから・・

こういったところで・・・※主婦キャッシング

住宅ローンも立派な言えば借金ですから。借金に借金を重ねて借金が増える一方な気がして・・このままでは家もお金も何もかも無くなってしまうと思い、住宅ローンの借り換えをしたり、内職をして少しでも稼ぎを作るようにしたりして、現在なんとか普通の生活を送っています。

ローンの組み方を間違えると我が家のように大変なことになり兼ねないので慎重にすることをお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>